外壁塗装の耐用年数は、新築の場合は一般的に10年が目安だとされています。一度、塗装リフォームを行った場合は8~10年を目安にして塗り変えることが良いとされています。ただ耐用年数は目安なだけであって、紫外線があたりやすい場所や雨や雪が多い地域などは、もっと早くに塗り替えをした方が良い場合があります。そのため、時間ではかるのではなく、実際の外壁の状態を見て判断することが必要になります。もし劣化していることを気付かないまま放置しておくと、劣化速度は加速度をついて進んでしまい、補修範囲や規模が広くなってしまうと補修費用が高くかかってしまうことがあります。そのため、10年に一度を目安としながらも普段から外壁の状態を目でチェックし、気にかかるところがあれば専門業者に依頼して念入りなチェックをしてもらうことが必要です。外壁塗装をした後は、一定期間は綺麗なままの状態を続けることができますが、時間と共に劣化をするのは仕方のないことです。しかしできるだけ美観を長く保ちたい場合は、塗料選びを慎重に行うことが大事です。塗料には素材の異なるものが沢山あり、それぞれ素材によって塗料の耐用年数が異なってきます。値段が高いフッ素塗料やシリコン塗料などは劣化がしにくいので長期間美観を保つことができますが、アクリル塗料など比較的安価なものは他の塗料に比べて劣化がしやすい特徴を持っています。頻繁に塗り替えることが嫌だけど、美観を長く保ちたいという場合は、機能が高くて少し高価な塗料を選ぶとよいです。